神戸の新築一戸建て、注文住宅を建てるならマリンホーム

経営理念

顧客感動の追求 〜人にやさしい家づくり〜

1.住む人が心からくつろげる「やさしい空間」

PHOTO

仲介業として住宅販売に関わっていた時代には、「新建材の発する匂い」そして、時には「目が痛くなるような感覚」を感じていました。当時は、それが当たり前という常識の中で仕事をしていましたが、「本当にこんな中で幸せな暮らしが送れるのか」と疑問に感じていました。

様々な工法の家を見る中で「日本古来の在来工法」こそが、四季を通じて気候の変化の大きな神戸で、過剰なスペックにならず、快適に暮らしていただける工法になります。

また、"家族の憩いの空間"という住まいの意味を考えると、「美しさ・香り・触感」共に、やはり天然木が群を抜いて優れています。マリンホームの目指す「住む人が心からくつろげるやさしい空間」づくりにおいては、天然木しかないと考えています。

冷蔵庫にいれれば、凍ったように冷たくなる新建材ではなく、ほんのり温かい天然木・・・。天然木に囲まれたやさしい空間で、家族の大切な時間を過ごしていただきたいと思います。

2.「もしも・・・」のときも安心サポート

供給エリアを広げたほうが、業績は伸ばしやすいはずですが、入居されたお客様から連絡があったとき、その日のうちに駆けつけられない場所で供給するつもりはありません。"どんな場合もクレームには1時間以内に対応"する、これも当社の目指す「人にやさしい家づくり」の一つです。

3.お客様の笑顔に向けて「チャレンジし続けること」

PHOTO

住宅業界では、住まいの安全性や快適性の向上を目指し、常に新しい建材や設備が開発されています。一方で、過剰なスペックとなり、「豊かに暮らす」という本来の意味からかけ離れ、日々の生活費を節約し、ローンの返済をされている方が多いのも事実です。

マリンホームでは、ムダな費用を削減しながら、本当にお客様にとって必要な仕様・設備を標準仕様とし、ハイパフォーマンスな家づくりに挑戦し続けています。これからもさまざまなチャレンジを続けることで、本当の意味での「人にやさしい家づくり」を追求していきます。

マリンホームの「コンプライアンス基本方針」

1.社会的責任と公共的使命の認識

マリンホームのもつ社会的責任と公共的使命を認識し、健全な事業運営の徹底を図ります。

2.法令やルールの厳格な遵守

すべての法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範に反することのない、公正な事業運営を行います。

3.反社会勢力の排除

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、これを断固として排除します。

4.地域社会への貢献と良好な職場環境の構築

社会貢献活動に参加することを通じて、社会の皆さまとのコミュニケーションを深めるとともに地域社会の発展に貢献します。また、社員が働きやすい職場環境をつくります。

5.地域環境にやさしい社会の実現

事業活動が地域環境に与える影響の大きさを認識し、企業活動の全域で環境負荷の低減を図り、持続可能な社会の実現を目指します。