神戸の新築一戸建て、注文住宅を建てるならマリンホーム

高気密・高断熱

高気密・高断熱で「健康・エコ生活」

PHOTO


高気密・高断熱の家というは、簡単にいえば「魔法瓶のような家」を作ることです。
魔法瓶のように保温性が高いため、家の外の気温の影響を受けにくくなり、外気に関係なく、室内の気温を一定に保ちやすくなります。
例えば、冬に暖房を切った後でも室内温度の低下が緩やかなため、布団に入った後に寒くて眠れないということもなくなります。
また、室内の温度差も少なくなるため、ヒートショックによる人体への影響も少なくなるため、突然の事故ということも避けることが出来ます。
更に、高気密・高断熱の住宅は、熱環境性能が高いという事ですので「省エネ性」も高く 一般住宅と比較して光熱費を抑えられるメリットもあります。

高気密・高断熱のヒミツ 〜ウレタン吹きつけ〜

吹付発泡ウレタン断熱材を、住宅の隅から隅まで隙間なく家全体をすっぽり覆ってしまうため、グラスウールなどの
断熱材を柱の間に設置する場合と比べて、はるかに高い断熱性を実現できます。
また、グラスウールなどの繊維系断熱材のようにずり落ちることがないため、気密性も長期間に亘って、維持できます。
更に、発泡ウレタンの気泡により、吸音性能も高いため、道路から響く車の音や近隣の音が家の中に響くのを軽減いたします。

PHOTO

PHOTO